女性

リサイクルトナーのトラブル即解決|レンタルで保守もバッチリ

欲しい機能をまとめる

女性

プリンターで印刷出来るものと言えば、プリント用紙や布にプリントするというのが一般的です。
しかし、近年では、立体物もプリントする事が出来る3Dプリンターが登場しました。
3Dプリンターは非常に画期的なプリンターで、今までは二次元的な平面の印刷しか出来なかったものが、3次元的な造形を行なう事が出来るようになったのです。一般的なプリンターが一般家庭でも一家に一台という現在のプリンター事情ですが、いずれ、3Dプリンターが一家に一台という時代がくるでしょう。3Dプリンターの特徴としては、パソコン内で作成した3Dの画像をプリンターに送って印刷を行ないますが、使用する事が出来る素材は様々で、アクリル樹脂やナイロン、金属、差セラミックなどです。ゴムのように柔軟な素材であるゴムライクなどを使用する事も出来るので、作成するデザインや用途に合わせて素材を変えていきましょう。3Dプリンターを購入する際には、造形方法や積層ピッチ、プリンターの大きさや重さ、造形する事が出来るサイズなどをしっかりと考えてから購入する必要があります。多くの方が誤解しがちなのが、価格が高いものを購入すれば良い製品を購入する事が出来ると思っていますが、それは間違いです。どんなに高い機器を購入しても、求める機能が備わっていなければ意味がないので購入する際には選ぶポイントをしっかりと考えておきましょう。3Dプリンターの製造方法には様々な方法があり、それぞれが得意な造形、不得意な造形があるので造形方法はしっかりと調べる事が大切です。
光造形法式の場合は液体樹脂を紫外線で硬化させて造形を行なっていきますが、その際の効果方法は層を積み上げていく造形方法である事から非常に繊細な造形物でもプリントする事が出来るようになっています。
熱溶解積層方式では、熱を加えて変化しやすくなる素材を使用した造形方式となっています。材料を溶かしてから糸状にしてどんどん造形を行なっていくので、光造形方式よりも断層が目立ちやすくなっているのですが、強度があるので、強度を重視するのであれば熱溶解積層方式のプリンターを使用しましょう。